〜私たちは、地域企業を応援します〜
今月の情報誌今月の情報誌バックナンバーシリーズ紹介
プラットフォーム 2007年12月号 No.243
・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
弊社ではおかげさまで新規問い合わせも増え、ホームページはなくてはならない存在となっていますが、 高知には優れた製品、技術を持ってはいてもPRが不足している企業がまだまだ多いように思います。 よさこいfactoryは、インターネット技術を活用し、効率的でローコストな企業PRのお役に立てる存在であると 考えております。

  高知よさこいfactory推進協議会 会長 山岡大祐



県内の製造業者(現在43社)で組織している「高知よさこいfactory 推進協議会」では、 各社の営業を支援するツールとして、インターネット上でポータルサイト「高知よさこいfactory」 を運営しています。 また、経営に役立つ研修会等を実施するなど様々な支援活動を行っています。


平成19年度の高知よさこいfactory推進協議会の活動状況

ポータルサイトの運営

高知よさこいfactoryポータルサイト
(トップページへの月間アクセス数約3,300)
 メーカーや大手製造業者が、インターネットで協力会社や外注先を探したり、発注情報を発信するなど、 今までの系列の枠を超えて新しい取引先や協力企業を募集するようになりました。このような中、 県内製造業者がインターネットをうまく活用すれば既存の取引先以外の企業とも組める可能性が広がっているといえます。 ポータルサイト「高知よさこいfactory」に参加することで、このような営業活動が補完出来、 新規取引先の開拓等に役立てていただくことが出来ます。
 参加企業の皆様からは、 新規受注先の開拓に繋がった。 異分野からの問い合せが増えた。会社の認知度が高まった。 ポータルサイトを介して、参加企業間の交流ができ、取引も成立している。 異業種との技術提携や製品の用途開発のヒントを得た。などの声が上がっています。


経営セミナーやパソコン研修の実施

セミナー 「製造業における受発注の現状」
●日 時 平成19年9月25日
●講 師 カシオ計算機株式会社 執行役員 大埜 修 氏
●参加人数 40名
国内メーカーを代表するカシオ計算機Mの執行役員 大埜修氏をお迎えして、経営セミナーを開催しました。 大埜執行役員は、同社の生産財部門のトップとして、活躍されており、「メーカーは、今何を求めているのか! また、 どんなことを考えているのか!」などなど、第一線のビジネスパーソンである同氏から、本音のトークが聞けました。

研修会 「Webにおける技術動向」
スタイルシートの有効活用 〜実際にCSSでHPを作ってみよう!〜

●日 時 平成19年11月(全5回)
●講 師 ベクターグラフィックス 代表 平山 英樹 氏
●参加人数 8人
スタイルシートを使って、自社のトップページを作り直す研修会を実施中(11月12日現在)です。


  対象業種 中小製造業(食料品、縫製、木製品、紙、出版・印刷、窯業、機械)
  受付期間 随時受付
  会  費  年1万円
  申込先   高知よさこいfactory(http://www.joho-kochi.or.jp/yosakoi/index.html)の
           トップページから申込み出来ます。