情報プラットフォーム 2010年7月号 No.274

特集 高知の夏 定番商品

久保田食品株式会社 安全でおいしいものに手間を惜しまない

高知の夏の定番といえば…アイスクリンだ。これをカップに詰めたのがシロクママークでおなじみの「KUBOTAの白くまくんアイスクリン」だ。そう、シロクマのマークがついたといえば、誰もが思い浮かべることができると思う。南国市岡豊町にある久保田食品(株)の本社工場に久保田社長、武市社長補佐にお話しを伺った。

◆創業から

久保田食品は、昭和34年にアイスキャンディーの卸売り業として創業している。卸売りだけでは、物足りない。そんな思いから一念発起し、昭和55年に自社商品第1号の「アイスクリン」を製造しメーカーへと脱皮している。

アイスクリームは、装置産業だ。だから大手メーカーが強い。地方のメーカが生き残ることは難しい。だからこそ、大手にできない個性ある商品を作っていかなければならない。「安全でおいしいものに手間を惜しまない。値段も手ごろ」をモットーに地道な挑戦を続けている。

◆商品づくりのこだわり

アイスクリンと並ぶもう一つのロングセラー商品が、「花まんじゅう」だ。

「久保田の花まんじゅう」は、餡にこだわっている。北海道十勝地域の小豆を取り寄せ、工場で餡から作る。労をいとわず昔ながらの方法で手間ひまかけて炊いているため、色、味、香りが違う。大手のアイスメーカーの餡は、餡メーカーから購入したものが多いのでは? 小豆を使ったアイスの表示をそういう目で見ると、添加物として香料や着色料が入っているものも多い。同社のこだわりがここにもある。

また、地方のローカルメーカーとして各種バラエティーに富んだ商品を60種類以上自社自社工場で100%生産している企業は他にないと思う。

◆流通のこだわり

創業当初は、半径50kmの範囲で商売をしようと考えていたという。自社で製造したものを、自社で配送する。このため、お届けできる範囲も限定される。

しかし、高速道路の開通により、お届けできるエリアが四国全域に拡大した。更に現在においては、インターネットの普及により関西・中部・関東・北陸・中国・九州エリアのこだわりスーパー等に取引を拡大中である。

◆販売方法のこだわり

地方メーカの商品は一品置いてもらうだけでは、大手の商品や他の商品に埋没してしまう。久保田食品の販売方法は、理解が得られた小売店に「久保田食品のコーナー」を作って頂く方法。配送を担当する社員も経験を積んでいく。この方法なら、商品の補充にあわせて愛着がある商品の陳列も丁寧に整えることができる。安心できるおいしい商品を丁寧に届ける。地道な取り組みによって、四国内では一部のチェーン店を除いて、大部分の量販店と取引していただいている。

◆高知へのこだわり

高知の特産物を生かす取り組みも続けている。高知特産の柚子は強く絞ると、どうしてもえぐみが出てしまう。そこで久保田食品では、農家から買い取った高知産の柚子を、自社工場で一つひとつ手で搾って果汁をつくり、これをアイスに加工している。このこだわりも、これも絶対大手ではできないこだわりだ。これにはもう一つ訳がある。ユズ産地である高知県のアイスメーカーが、業務が少ない冬場を利用して行う大切な仕事だ。

もう一つの高知にこだわったアイスが、碁石茶アイスクリームだ。

碁石茶は、全国で高知県大豊町だけで生産されている独特の風味を持つ乳酸発酵茶で、農水省の外郭団体、財団法人食品産業センターの地域食品ブランド表示基準制度に基づく「本場の本物」として認定されている。生産者も7~8軒で、幻のお茶ともいわれている。この碁石茶を使ったアイスが、「碁石茶アイスクリーム」である。

このほか、高知のイチゴやスモモを使ったアイスなど、地域の企業として地域の産品を売っていきたい。

◆新しい取り組み

これまで四国の中での販売を中心に行ってきた。これからも地域の企業として規模拡大を目指すのではなく、おいしいもの、安心できるものを届けていきたい。この姿勢はこれからも変わらない。ただ県をあげて地産外商に取り組んでいる。高知の企業の一つとして、これまでも地域の特産品を使った商品づくりを行ってきた。これからも高知の特産品を販売するお手伝いもしたい。そんな思いから、初めて「スーパーマーケット・トレードショー」に出展したが、大きな反響があり約50数社からサンプルの要請があった。

これからも大手にはできないこだわりの商品で、高知の素材などを販売していきたい。

■久保田食品(株)
〒783-0051 高知県南国市岡豊町笠ノ川1045
フリーダイヤル 0120-007162
TEL 088-862-0071
FAX 088-862-2184
URL http://www.kubotaice.co.jp/